FC2ブログ




モータースポーツ 関連各社さまより

当ウェブサイト上(ブログ内も含む

関連記事)の、

文章・写真・イラスト・動画・

音楽等の、コンテンツは

当社ならびに第三者が著作権を

保有しており、

各国の著作権法、各種条約

および法律で保護されています。

非営利的かつ個人的

その他これに準ずる限られた

範囲内を越えて、

これらのコンテンツを

使用(複製、改変、配布等を含む)

すること及びリンクは、

事前に当社から許可を得ない限り

禁止します。

また、

当ウェブサイト上で使用している

商標、ロゴ、サービスマークは

当社ならびに第三者が所有して

います。

よって、

これらの商標類及びリンクの

無断で転用・転載することを禁止

します。

カテゴリー

ブログ内検索

Google サイト

ショッピング コーナー

健やか総本舗亀山堂

Car&Bike リンク

友達 リンク エリア

Web リンク

RSSフィード

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
【Motor Sports Web Banner Link】

jasc jasc jasc

jasc jasc jasc

jasc jasc

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑学

今回は、わたしのちょっとした雑学について書いてみます。


職業柄オーディオに詳しくなったのですが、そんな中スピーカーについてお話します。


そもそも
スピーカーの役目とは人の身体で言うと、


のど~口までの部分
になるのです。


そして再現できる音域はその大きさに比例して大きいモノほど低音の再生ができます。


なぜ、低い音の再生に大きいスピーカーがいるのか?


それは、音の性質にあります。


そもそも音とは空気の振動の事なんですが、

もっと細かくいうと、


この振動とは空気の往復運動の事で、

これを、音に置き換えると高音の場合は細かい振動で、低音は大きい振動となり、


重低音になると音と言うより身体で感じる振動となります。


これをスピーカーで再現しようとすると、


重低音の再現の出来るサイズは直径38センチクラスのモノになります。


ヘッドホン程度のサイズのスピーカーの場合、


せいぜい中音止まりという事も知って損はないと思います。

物理的に再生出来る音は大きさで決まってしまう為、


低音の再生には最低でも直径16センチはないとキチンと音が出せません。


このブログが読んで頂いた方に役立つかどうか判りませんが


ちょっとした雑学という事で。


そんじゃまた(><)


スポンサーサイト
トラックバック


この記事にトラックバックする



        
アフィリエイト・SEO対策
                        
 

バレンティーノ・ロッシ&ヤマハ 最高峰への挑戦と栄光 MotoGP2005 & YAMAHA 50years Specialバレンティーノ・ロッシ&ヤマハ 最高峰への挑戦と栄光 MotoGP2005 & YAMAHA 50years Special
(2006/02/24)
バレンティーノ・ロッシ

商品詳細を見る
”天才”とはまさに、この人の為にある言葉!!


        


Google




copyright © A~z 裏技 ネタ / ジャンル を 問わない 、情報、雑学、の(A~z) 発信基地!! all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


合計:無料カウンター 本日:出会い系 昨日:アクセスランキング 無料 出会いデリヘル無料・出会い裏ビデオセフレ 出会い